• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新藤兼人・乙羽信子 出会って27年目のゴールイン

<1978年1月>

「乙羽信子さんとの婚姻届を今月末に出します」
 1月11日、近代映画協会の新年会で新藤兼人はこう宣言した。新藤65歳、乙羽53歳。2人が出会って27年目のことだった。

 51年に新藤が初めて監督として臨んだ「愛妻物語」のシナリオを読んだ乙羽は自分もぜひ出たいと大映に申し出た。宝塚歌劇団から大映入りしたのが50年。会社は乙羽に“100万ドルのエクボ”というキャッチフレーズをつけ、大々的に売り出していた。お嬢さまタレントに人妻をやらせるわけにはいかないと会社側は出演に猛反対した。しかし、乙羽は「どうしても出たい」の一点張り。最後は永田雅一社長が「勝手にしろ」と折れた。「愛妻物語」のヒロインのモデルは新藤の最初の妻・久慈孝子。無名のシナリオライターだった新藤がスクリプター(記録係)の久慈と結婚したのは39年。夫を陰ながら支えていたが、わずか4年後の43年、結核のため27歳でこの世を去った。この久慈を乙羽が熱演。映画は大ヒットした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る