ライオンに噛まれて「いい経験」と語った畑正憲

公開日: 更新日:

<2000年5月>

 ムツゴロウというあだ名で親しまれる作家の畑正憲(78)。2000年にテレビの特番収録中、思いも寄らぬ出来事に巻き込まれた。

 5月16日午前、畑正憲とフジテレビのクルーは、ブラジルのコティアという町の民間動物保護施設にいた。7月20日放送予定の「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」のロケを行っていたのだ。

 畑はサーカスで虐待され、そこに保護されていた雄の4歳のライオンのオリに向かう。ライオンが背中の毛を逆立てているかどうかなど、怒りのシグナルを出していないか30分にわたり確認し、いよいよ11時ごろ、オリの金網に手をかけてライオンと向き合った。

 ところが、ライオンが金網から出ていた右指にガブリと噛みつく。それで右手中指の第1関節から先の爪の部分が食いちぎられ、失われた。ちょうど畑の背後にいた人が獣医に挨拶しようと移動した時だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る