ライオンに噛まれて「いい経験」と語った畑正憲

公開日: 更新日:

<2000年5月>

 ムツゴロウというあだ名で親しまれる作家の畑正憲(78)。2000年にテレビの特番収録中、思いも寄らぬ出来事に巻き込まれた。

 5月16日午前、畑正憲とフジテレビのクルーは、ブラジルのコティアという町の民間動物保護施設にいた。7月20日放送予定の「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」のロケを行っていたのだ。

 畑はサーカスで虐待され、そこに保護されていた雄の4歳のライオンのオリに向かう。ライオンが背中の毛を逆立てているかどうかなど、怒りのシグナルを出していないか30分にわたり確認し、いよいよ11時ごろ、オリの金網に手をかけてライオンと向き合った。

 ところが、ライオンが金網から出ていた右指にガブリと噛みつく。それで右手中指の第1関節から先の爪の部分が食いちぎられ、失われた。ちょうど畑の背後にいた人が獣医に挨拶しようと移動した時だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  4. 4

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  7. 7

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る