ライオンに噛まれて「いい経験」と語った畑正憲

公開日:  更新日:

<2000年5月>

 ムツゴロウというあだ名で親しまれる作家の畑正憲(78)。2000年にテレビの特番収録中、思いも寄らぬ出来事に巻き込まれた。

 5月16日午前、畑正憲とフジテレビのクルーは、ブラジルのコティアという町の民間動物保護施設にいた。7月20日放送予定の「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」のロケを行っていたのだ。

 畑はサーカスで虐待され、そこに保護されていた雄の4歳のライオンのオリに向かう。ライオンが背中の毛を逆立てているかどうかなど、怒りのシグナルを出していないか30分にわたり確認し、いよいよ11時ごろ、オリの金網に手をかけてライオンと向き合った。

 ところが、ライオンが金網から出ていた右指にガブリと噛みつく。それで右手中指の第1関節から先の爪の部分が食いちぎられ、失われた。ちょうど畑の背後にいた人が獣医に挨拶しようと移動した時だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る