「鬼渡」ファミリーから追い出された沢田雅美

公開日: 更新日:

<1994年1月>

「舞台を降りたい」と沢田雅美(当時44)から石井ふく子プロデューサーに電話があったのは、1月16日の深夜だった。

 沢田がデビューしたのは14歳の時。石井がプロデュースする「ただいま11人」(TBS)というドラマだった。その中の脚本家のひとりが橋田寿賀子。その後、沢田は石井・橋田ファミリーの一員としてホームドラマに欠かせない存在となっていった。

 秘蔵っ子の沢田を石井はかわいがった。芸能人だからと沢田の入学を拒む高校まで出向き、直談判したほどだ。

 その沢田が突然、電話で3月の明治座、5~6月の芸術座、9月の名鉄ホールの舞台を降りたいという。すでにポスター撮りも済んでいる。考え直すように説得する石井に沢田は「女優をやめてもいい」とまで言いだした。石井が「会って話をしましょう」と言うと、いきなり電話口に男が出た。沢田の内縁の夫で俳優の赤松秀樹だった。2人は5年ほど前から同棲していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る