「鬼渡」ファミリーから追い出された沢田雅美

公開日: 更新日:

<1994年1月>

「舞台を降りたい」と沢田雅美(当時44)から石井ふく子プロデューサーに電話があったのは、1月16日の深夜だった。

 沢田がデビューしたのは14歳の時。石井がプロデュースする「ただいま11人」(TBS)というドラマだった。その中の脚本家のひとりが橋田寿賀子。その後、沢田は石井・橋田ファミリーの一員としてホームドラマに欠かせない存在となっていった。

 秘蔵っ子の沢田を石井はかわいがった。芸能人だからと沢田の入学を拒む高校まで出向き、直談判したほどだ。

 その沢田が突然、電話で3月の明治座、5~6月の芸術座、9月の名鉄ホールの舞台を降りたいという。すでにポスター撮りも済んでいる。考え直すように説得する石井に沢田は「女優をやめてもいい」とまで言いだした。石井が「会って話をしましょう」と言うと、いきなり電話口に男が出た。沢田の内縁の夫で俳優の赤松秀樹だった。2人は5年ほど前から同棲していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る