「鬼渡」ファミリーから追い出された沢田雅美

公開日: 更新日:

<1994年1月>

「舞台を降りたい」と沢田雅美(当時44)から石井ふく子プロデューサーに電話があったのは、1月16日の深夜だった。

 沢田がデビューしたのは14歳の時。石井がプロデュースする「ただいま11人」(TBS)というドラマだった。その中の脚本家のひとりが橋田寿賀子。その後、沢田は石井・橋田ファミリーの一員としてホームドラマに欠かせない存在となっていった。

 秘蔵っ子の沢田を石井はかわいがった。芸能人だからと沢田の入学を拒む高校まで出向き、直談判したほどだ。

 その沢田が突然、電話で3月の明治座、5~6月の芸術座、9月の名鉄ホールの舞台を降りたいという。すでにポスター撮りも済んでいる。考え直すように説得する石井に沢田は「女優をやめてもいい」とまで言いだした。石井が「会って話をしましょう」と言うと、いきなり電話口に男が出た。沢田の内縁の夫で俳優の赤松秀樹だった。2人は5年ほど前から同棲していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る