熱愛報道を追い風に…華原朋美が執念燃やす「紅白復活」

公開日: 更新日:

 朋ちゃんの今年の抱負は「執念」だそうだ。

 11月6日、表参道ヒルズでクリスマスツリー点灯式ライブに登場した華原朋美(39)。5日に明治天皇の玄孫で慶応大学講師の竹田恒泰氏(38)との熱愛が報道されてから、初めて公の場に姿を見せ、どんな発言が飛び出すか注目されたが、結果はご存じのとおり。

「去年復帰してもうすぐアルバムを出して、今年は迷惑をかけたみなさんに恩返しをしたいと思って1年頑張ってきました。なので、恋とか愛とかはできないんです、ごめんなさいって(伝えました)。竹田さんはずっと待つと言ってくれています」

 華原は竹田氏からの熱烈なアプローチこそ告白したが、年明け後の交際の可能性については「来年改めて考えたい」と言葉を濁した。

 彼女が「来年」と言ったのは、年末に「NHK紅白歌合戦」を控えているからだ。完全復活を印象づけたい華原は、紅白出場に並々ならぬ意欲を燃やしているという。芸能リポーターの川内天子氏がこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る