熱愛報道を追い風に…華原朋美が執念燃やす「紅白復活」

公開日:  更新日:

 朋ちゃんの今年の抱負は「執念」だそうだ。

 11月6日、表参道ヒルズでクリスマスツリー点灯式ライブに登場した華原朋美(39)。5日に明治天皇の玄孫で慶応大学講師の竹田恒泰氏(38)との熱愛が報道されてから、初めて公の場に姿を見せ、どんな発言が飛び出すか注目されたが、結果はご存じのとおり。

「去年復帰してもうすぐアルバムを出して、今年は迷惑をかけたみなさんに恩返しをしたいと思って1年頑張ってきました。なので、恋とか愛とかはできないんです、ごめんなさいって(伝えました)。竹田さんはずっと待つと言ってくれています」

 華原は竹田氏からの熱烈なアプローチこそ告白したが、年明け後の交際の可能性については「来年改めて考えたい」と言葉を濁した。

 彼女が「来年」と言ったのは、年末に「NHK紅白歌合戦」を控えているからだ。完全復活を印象づけたい華原は、紅白出場に並々ならぬ意欲を燃やしているという。芸能リポーターの川内天子氏がこう分析する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る