ミス・ユニバース常連 ベネズエラ“美女量産”の秘密

公開日:  更新日:

 美女“量産”は国策だった――。
 9日、モスクワでミス・ユニバース世界大会の最終選考会が行われ、南米ベネズエラ代表のガブリエラ・イスレルさん(25)が優勝した。1952年の開催以来、ベネズエラの優勝回数は今回を含めて7回目となる。優勝8回の米国に次ぐ2位の記録だが、世界3大ミスコンの「ミス・ワールド」(6回=13年現在)、「ミス・インターナショナル」(6回=12年現在)は、いずれも首位だ。人口たった2972万人(12年)のベネズエラで、なぜ美女が“量産”されるのか。

「政府が観光立国の政策として美女の育成に力を入れているのです。はじまりは1950年代、“ヨーロッパからの観光客を増やす方法はないか”と考えていたところ、当時の大臣が“観光客を誘致するには、美女を増やすことだ”と提案したことです。それ以来、国家を挙げて美女を育成しています」(海外事情に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

もっと見る