• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミス・ユニバース常連 ベネズエラ“美女量産”の秘密

 美女“量産”は国策だった――。
 9日、モスクワでミス・ユニバース世界大会の最終選考会が行われ、南米ベネズエラ代表のガブリエラ・イスレルさん(25)が優勝した。1952年の開催以来、ベネズエラの優勝回数は今回を含めて7回目となる。優勝8回の米国に次ぐ2位の記録だが、世界3大ミスコンの「ミス・ワールド」(6回=13年現在)、「ミス・インターナショナル」(6回=12年現在)は、いずれも首位だ。人口たった2972万人(12年)のベネズエラで、なぜ美女が“量産”されるのか。

「政府が観光立国の政策として美女の育成に力を入れているのです。はじまりは1950年代、“ヨーロッパからの観光客を増やす方法はないか”と考えていたところ、当時の大臣が“観光客を誘致するには、美女を増やすことだ”と提案したことです。それ以来、国家を挙げて美女を育成しています」(海外事情に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る