ミス・ユニバース常連 ベネズエラ“美女量産”の秘密

公開日:  更新日:

 美女“量産”は国策だった――。
 9日、モスクワでミス・ユニバース世界大会の最終選考会が行われ、南米ベネズエラ代表のガブリエラ・イスレルさん(25)が優勝した。1952年の開催以来、ベネズエラの優勝回数は今回を含めて7回目となる。優勝8回の米国に次ぐ2位の記録だが、世界3大ミスコンの「ミス・ワールド」(6回=13年現在)、「ミス・インターナショナル」(6回=12年現在)は、いずれも首位だ。人口たった2972万人(12年)のベネズエラで、なぜ美女が“量産”されるのか。

「政府が観光立国の政策として美女の育成に力を入れているのです。はじまりは1950年代、“ヨーロッパからの観光客を増やす方法はないか”と考えていたところ、当時の大臣が“観光客を誘致するには、美女を増やすことだ”と提案したことです。それ以来、国家を挙げて美女を育成しています」(海外事情に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る