ミス・ユニバース常連 ベネズエラ“美女量産”の秘密

公開日: 更新日:

 美女“量産”は国策だった――。
 9日、モスクワでミス・ユニバース世界大会の最終選考会が行われ、南米ベネズエラ代表のガブリエラ・イスレルさん(25)が優勝した。1952年の開催以来、ベネズエラの優勝回数は今回を含めて7回目となる。優勝8回の米国に次ぐ2位の記録だが、世界3大ミスコンの「ミス・ワールド」(6回=13年現在)、「ミス・インターナショナル」(6回=12年現在)は、いずれも首位だ。人口たった2972万人(12年)のベネズエラで、なぜ美女が“量産”されるのか。

「政府が観光立国の政策として美女の育成に力を入れているのです。はじまりは1950年代、“ヨーロッパからの観光客を増やす方法はないか”と考えていたところ、当時の大臣が“観光客を誘致するには、美女を増やすことだ”と提案したことです。それ以来、国家を挙げて美女を育成しています」(海外事情に詳しいジャーナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る