婚約指輪を捨てられず…矢口元夫のネタに「食傷気味」の声

公開日: 更新日:

「もう食傷気味」――そんな声も多い。今年5月にタレントの矢口真里(30)と離婚した俳優の中村昌也(27)が、18日放送のバラエティー番組で、矢口との婚約指輪を捨てきれず、「まだ持っている」と告白していた。

 要するに、中村は妻を寝取られたわけだ。さらに、間男である元モデルの梅田賢三(25)は、矢口と半同棲状態と報じられた。

「交際継続報道でさらに反感を買った矢口の芸能界復帰は、もう難しいでしょう。矢口には1億円ほど貯金があるそうですが、この先、2人で遊んで暮らせる額ではない。別の道を探して生きていくしかありません」(芸能リポーター)

 これにてほとんど一件落着だというのに、中村は「(指輪を)どうしていいか分からなくて」とも言っていた。さっさと捨てるか売ればいい。指輪なんて、しょせん貴金属。いくばくかのカネにはなるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る