婚約指輪を捨てられず…矢口元夫のネタに「食傷気味」の声

公開日:  更新日:

「もう食傷気味」――そんな声も多い。今年5月にタレントの矢口真里(30)と離婚した俳優の中村昌也(27)が、18日放送のバラエティー番組で、矢口との婚約指輪を捨てきれず、「まだ持っている」と告白していた。

 要するに、中村は妻を寝取られたわけだ。さらに、間男である元モデルの梅田賢三(25)は、矢口と半同棲状態と報じられた。

「交際継続報道でさらに反感を買った矢口の芸能界復帰は、もう難しいでしょう。矢口には1億円ほど貯金があるそうですが、この先、2人で遊んで暮らせる額ではない。別の道を探して生きていくしかありません」(芸能リポーター)

 これにてほとんど一件落着だというのに、中村は「(指輪を)どうしていいか分からなくて」とも言っていた。さっさと捨てるか売ればいい。指輪なんて、しょせん貴金属。いくばくかのカネにはなるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る