婚約指輪を捨てられず…矢口元夫のネタに「食傷気味」の声

公開日: 更新日:

「もう食傷気味」――そんな声も多い。今年5月にタレントの矢口真里(30)と離婚した俳優の中村昌也(27)が、18日放送のバラエティー番組で、矢口との婚約指輪を捨てきれず、「まだ持っている」と告白していた。

 要するに、中村は妻を寝取られたわけだ。さらに、間男である元モデルの梅田賢三(25)は、矢口と半同棲状態と報じられた。

「交際継続報道でさらに反感を買った矢口の芸能界復帰は、もう難しいでしょう。矢口には1億円ほど貯金があるそうですが、この先、2人で遊んで暮らせる額ではない。別の道を探して生きていくしかありません」(芸能リポーター)

 これにてほとんど一件落着だというのに、中村は「(指輪を)どうしていいか分からなくて」とも言っていた。さっさと捨てるか売ればいい。指輪なんて、しょせん貴金属。いくばくかのカネにはなるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る