ハリウッドを超える最新特撮 映画「永遠の0」山崎貴監督の実力

公開日: 更新日:

 稼げる映画監督の中でもトップクラスだろう。「ALWAYS 三丁目の夕日」(05年公開)シリーズを手がけた山崎貴監督(49)の話。今年12月には最新作「永遠の0」が公開される予定で、その次には累計発行部数1000万部突破の人気漫画「寄生獣」の映画化も控えている。話題作が目白押しだ。

 山崎監督は、出世作になった「ALWAYS」以降、「BALLAD 名もなき恋のうた」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」など6作品の監督を務めているが、「興行収入は計約190億円」(映画ライター)というから、大したものだろう。

 山崎監督は13歳の時に「スター・ウォーズ」と「未知との遭遇」を見て特撮を志すようになったというが、いまや日本では高度なビジュアルをCGで表現する「VFX」(ビジュアルエフェクツ)の第一人者だ。何がそんなにスゴイのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

もっと見る