ハリウッドを超える最新特撮 映画「永遠の0」山崎貴監督の実力

公開日:  更新日:

 稼げる映画監督の中でもトップクラスだろう。「ALWAYS 三丁目の夕日」(05年公開)シリーズを手がけた山崎貴監督(49)の話。今年12月には最新作「永遠の0」が公開される予定で、その次には累計発行部数1000万部突破の人気漫画「寄生獣」の映画化も控えている。話題作が目白押しだ。

 山崎監督は、出世作になった「ALWAYS」以降、「BALLAD 名もなき恋のうた」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」など6作品の監督を務めているが、「興行収入は計約190億円」(映画ライター)というから、大したものだろう。

 山崎監督は13歳の時に「スター・ウォーズ」と「未知との遭遇」を見て特撮を志すようになったというが、いまや日本では高度なビジュアルをCGで表現する「VFX」(ビジュアルエフェクツ)の第一人者だ。何がそんなにスゴイのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る