前田敦子の主演作 ローマ国際映画祭2冠は運か実力か

公開日:  更新日:

「現地入りしたスポーツ紙は他の作品のあご足付きの“ご招待取材”です。実際に賞を取ったのは前田の方でしたが……」(芸能プロ関係者)

 黒沢清監督による前田敦子(22)主演の「Seventh Code」が、第8回ローマ国際映画祭で最優秀監督賞と技術貢献賞を受賞し、2冠を達成したというニュース。本映画祭で日本人初の受賞で快挙――というわりに発表翌日(18日)のスポーツ各紙の記事はこぢんまりとした扱いだったが、「大人の事情」が絡んでいたというわけだ。

 同映画祭は国際映画祭の中でもニューカマーの部類。3大国際映画祭のひとつで同じくイタリアで開催される「ベネチア」と比べれば、知名度も影響力もまだまだだが、注目度は年々高まっているという。

「ロッテルダムやロカルノ、ベネチアといった国際映画祭のディレクターを務めてきたマルコ・ミュラー氏が、昨年からローマの同職に就任。彼のヤリ手ぶりは有名です。ローマは商業性よりアート系の作品を重視する流れになりつつあり、日本映画に造詣が深いミュラー氏は以前から黒沢清監督を高く評価しています。今回の受賞は納得ですね」(映画ジャーナリスト・大高宏雄氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る