• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「清須会議」好発進 妻夫木聡の“業界評”

「バカですよ、僕も。バカです!」

 9日に都内で行われた三谷幸喜監督(52)の最新作「清須会議」の舞台あいさつで、俳優の妻夫木聡(32)は、そんなことを言って会場を笑わせていた。

 妻夫木が演じたのは、自分では頭がいいと思っているバカ殿役。三谷監督が「僕は基本的に当て書き。妻夫木さんにもバカ殿のイメージがまったくなければ書けない」なんて冗談を飛ばしたものだから、渋々認めたのだが、もちろん妻夫木はバカじゃない。

「それどころか、最近の彼の俳優としての評価は高い」と、ある映画会社関係者はこう言う。

「柳葉敏郎と共演しているロト7のCMシリーズが、業界内外で思いのほか好評なんです。柳葉が上司、妻夫木が部下という設定で、例えば、重役たちの前でいきなり態度を豹変させる柳葉に、妻夫木が<そりゃないよ>というような顔をしてみせる。表情ひとつで部下の困惑ぶりを伝える演技力は、なかなか大したものですよ。ネット上で<面白い>と話題になるのもうなずけます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る