映画「清須会議」好発進 妻夫木聡の“業界評”

公開日:  更新日:

「バカですよ、僕も。バカです!」

 9日に都内で行われた三谷幸喜監督(52)の最新作「清須会議」の舞台あいさつで、俳優の妻夫木聡(32)は、そんなことを言って会場を笑わせていた。

 妻夫木が演じたのは、自分では頭がいいと思っているバカ殿役。三谷監督が「僕は基本的に当て書き。妻夫木さんにもバカ殿のイメージがまったくなければ書けない」なんて冗談を飛ばしたものだから、渋々認めたのだが、もちろん妻夫木はバカじゃない。

「それどころか、最近の彼の俳優としての評価は高い」と、ある映画会社関係者はこう言う。

「柳葉敏郎と共演しているロト7のCMシリーズが、業界内外で思いのほか好評なんです。柳葉が上司、妻夫木が部下という設定で、例えば、重役たちの前でいきなり態度を豹変させる柳葉に、妻夫木が<そりゃないよ>というような顔をしてみせる。表情ひとつで部下の困惑ぶりを伝える演技力は、なかなか大したものですよ。ネット上で<面白い>と話題になるのもうなずけます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る