なぜあの女優が? 「世界の美女100人」の不思議な基準

公開日: 更新日:

 どうも世界の基準が分からない。
 米国の映画サイト「TC Candler」が、毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」を発表。今年の1位に仏女優のマリオン・コティヤール(38)を選出した。

 2007年公開の映画「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」でアカデミー主演女優賞やゴールデングローブ主演女優賞などを総ナメにした。
「TAXi」シリーズで頭角を現し、「ビッグ・フィッシュ」でハリウッドデビュー。両親も役者というDNAのなせるワザなのか、演技には定評がある。

 だが、「世界で最も美しい」といわれると、古女房にヘキエキとしているサラリーマンでさえ「ハテ?」ではないか。

 確かに、日本人と違って、目鼻立ちはハッキリしている。奇麗には違いないが、俗にオカマ顔というやつだ。「これが世界一の美貌だ」と言われると、違和感を覚えてしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

もっと見る