• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

電撃婚約に冷めた声 浜崎あゆみに「空港芸人」のレッテル

 電撃婚約を発表し、婚約者の米国人学生(25)を引き連れて12月16日に帰国した浜崎あゆみ(35)。テレビやスポーツ紙の取材攻勢にさぞお疲れかと思いきや、<速さにビックリ><皆さん好き放題書いてらっしゃる!>などとツイッターでつぶやき、ご満悦の様子だ。

“前夫”の豪俳優マニュエル・シュワルツ(33)と2011年元日に“結婚”を公表したものの、籍を入れないまま2年ほどで破局。今回の婚約者と入籍すれば初婚となる。メデタイ話に浜崎のテンションが上がりっぱなしなのは無理もないが、冷ややかな反応も少なくない。

 ネット上には、<アユは空港芸人><出たな空港芸人>などと、辛らつな書き込みが溢れているのだ。

<「一般人だからそっとしておいて下さい」 で、この満面の笑みを浮かべた空港芸>
<昔は空港で撮られる芸能人って憧れたものだけど、浜崎さんのせいで失笑モンだわ>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る