「再婚」の噂も…明石家さんまが60歳引退にこだわる事情

公開日:  更新日:

「なんでそこまで“60歳引退”にこだわるのか、不思議です」(在京キー局スタッフ)――そんな声も聞こえてくる。

 明石家さんま(58)が先日のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に放送300回記念のゲストとして生出演。爆笑問題の太田光(48)から「辞める気なんか全然ないでしょ」と突っ込まれたさんまは、「辞めたほうがええねん。若いのが育たないねん」と、これまでにさまざまな番組で語ってきた60歳引退を否定しなかった。

 さらに太田が「僕はさんまさんが見苦しいよって言われるまでやってほしいんですよ」と異議を唱えると、さんまは「見苦しいのを見せてええのか、どうか」と歯切れが悪かった。

「さすがにもう人気の上積みは期待できないとはいえ、還暦までの1年半で好感度が劇的に下がるとは考えにくい。地上波だけで5本のレギュラーを抱えているので、60歳だからとスパッと辞めるわけにはいかないでしょう」(前出の在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る