「再婚」の噂も…明石家さんまが60歳引退にこだわる事情

公開日: 更新日:

「なんでそこまで“60歳引退”にこだわるのか、不思議です」(在京キー局スタッフ)――そんな声も聞こえてくる。

 明石家さんま(58)が先日のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に放送300回記念のゲストとして生出演。爆笑問題の太田光(48)から「辞める気なんか全然ないでしょ」と突っ込まれたさんまは、「辞めたほうがええねん。若いのが育たないねん」と、これまでにさまざまな番組で語ってきた60歳引退を否定しなかった。

 さらに太田が「僕はさんまさんが見苦しいよって言われるまでやってほしいんですよ」と異議を唱えると、さんまは「見苦しいのを見せてええのか、どうか」と歯切れが悪かった。

「さすがにもう人気の上積みは期待できないとはいえ、還暦までの1年半で好感度が劇的に下がるとは考えにくい。地上波だけで5本のレギュラーを抱えているので、60歳だからとスパッと辞めるわけにはいかないでしょう」(前出の在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

もっと見る