「再婚」の噂も…明石家さんまが60歳引退にこだわる事情

公開日:  更新日:

「なんでそこまで“60歳引退”にこだわるのか、不思議です」(在京キー局スタッフ)――そんな声も聞こえてくる。

 明石家さんま(58)が先日のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」に放送300回記念のゲストとして生出演。爆笑問題の太田光(48)から「辞める気なんか全然ないでしょ」と突っ込まれたさんまは、「辞めたほうがええねん。若いのが育たないねん」と、これまでにさまざまな番組で語ってきた60歳引退を否定しなかった。

 さらに太田が「僕はさんまさんが見苦しいよって言われるまでやってほしいんですよ」と異議を唱えると、さんまは「見苦しいのを見せてええのか、どうか」と歯切れが悪かった。

「さすがにもう人気の上積みは期待できないとはいえ、還暦までの1年半で好感度が劇的に下がるとは考えにくい。地上波だけで5本のレギュラーを抱えているので、60歳だからとスパッと辞めるわけにはいかないでしょう」(前出の在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る