「ヌイグルマーZ 主演 中川翔子」

公開日:  更新日:

 歌手に声優に漫画家と多才なタレント、中川翔子(28)が、映画でも個性を発揮している。初主演作は特撮アクションコメディー。演じた夢子はピンクのロリータファッションの冴えない少女だが、地球の平和を守るためクマの縫いぐるみ、テディベアと合体、愛の戦士「ヌイグルマー」に変身する。

――特撮、変身モノへの出演は念願だったとか。

「ついにキタと思いましたよ。私、人見知りだし人混み苦手だし、芸能界は合わないと思いながら、なぜ目指したかというと、特撮ヒロインになりたかったからなんです。黒歴史と名付けている10代の頃、学校で友達もできず、いつもひとりでいた私は家でブルース・リーの『死亡遊戯』『怒りの鉄拳』『ドラゴンへの道』などを見て、ヌンチャクを作ってよく壁に穴を開けていました。ヒーローもののオーディションに落ちまくって20代後半となり、ご縁がなかったと諦めかけた矢先だったので、ずっと思い続けていれば夢はかなうんだって、感激しちゃいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る