浅香光代が衝撃告白 自民党重鎮Sとの「不倫」「隠し子」

公開日:  更新日:

 66年越しの衝撃告白だ。女優の浅香光代(85)が20代初めに大物政治家の隠し子を産んだ、とカミングアウト。「婦人公論」最新号で、若き日の道ならぬ恋を赤裸々に語っている。

 浅香はインタビューで相手を<やがて自民党の重鎮となったS氏>と表現。1948年に「国会キス事件」を起こした泉山三六・元蔵相に料亭で紹介されたという。妻がいたS氏と浅香が男女の関係になると――。
<困ったことにすぐに子どもができちゃった。(中略)認知はこちらから断りました。金銭目的で大物政治家の子をつくったと思われるのも、癪だからね>

 長男誕生後に<年子でもう1人できちゃった>が、浅香は愛人の立場を甘受できず、S氏に別れを告げる。すると、S氏の妻が浅香宅を訪ね、「Sと一緒になって」と頼んできたという。

 浅香は<こんな人を泣かせてはいけない>と思い立ち、S氏を諦めさせるために別の男性と結婚。S氏は死の間際、妻が持たせた紙と筆で「昭子」と書いてから、息を引き取ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る