• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二股男に注目カップルも…“訳あり”面々が映画で共演の事情

 今年のGWに何かと話題になりそうな作品が公開される。コミック「定時制歌舞伎町高校」が原作の映画「歌舞伎町はいすくーる」(5月3日公開)だ。

 主人公である元ヤンキーの不動産会社社長をはじめ、キャバ嬢、プロレスラー、ゲイといったひと癖もふた癖もある生徒ばかりが“遅かりし青春”を謳歌(おうか)する一風変わった学園モノ。涙あり、アクションあり、SFありの賑やかな映画だが、出演者も役柄以上に“クセモノ”揃いなのである。

 主演は一昨年のGW真っただ中、料理研究家とモデル上がりのタレントと同時進行で付き合っていたことが報じられ、涙の二股謝罪会見をした塩谷瞬(31)。周囲の予想に反し、順調な交際ぶりが噂される片岡愛之助(41)と熊切あさ美(33)も両人揃って主要な役どころを演じ、昨年10月、交通事故で亡くなった桜塚やっくんもバンドのメンバーと一緒に生徒のチョイ役で名を連ねている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る