ビジネス書だから? ホリエモン「疑惑」も擁護派が多いナゾ

公開日: 更新日:

 偽ベートーベンに続いて、「ホリエモン」こと堀江貴文氏(41)のゴーストライター疑惑が報じられ、ちょっとした騒ぎになっている。

 堀江氏が2010年と11年に出版した小説「拝金」と「成金」がそれ。2冊の表紙絵を描いた漫画家の佐藤秀峰氏(40)が7日付の自身のブログで、〈堀江さんには代筆者がいる〉と暴露したというのだ。

 佐藤氏といえば、「海猿」や「ブラックジャックによろしく」で知られる人気漫画家だが、意外やネット上では〈有名人はみんなそうでしょ?〉とホリエモン擁護派も多い。〈佐藤さん、便乗カッコ悪いよ〉なんて告発を批判する声まである。

「佐藤氏は、ファンにも“ぶっ飛んだ人”と思われていますからね。昨年離婚した時も、自分が不倫相手を妊娠させたのが原因と、ネット上でぶっちゃけて物議を醸しました。ネット住民も冷ややかに見ているんでしょう。それに堀江氏は以前から、自身のビジネス書についてゴーストライターがいることを明かしていた。だから本人も〈何を今さら〉と静観しているんでしょう」(出版業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る