ビジネス書だから? ホリエモン「疑惑」も擁護派が多いナゾ

公開日:  更新日:

 偽ベートーベンに続いて、「ホリエモン」こと堀江貴文氏(41)のゴーストライター疑惑が報じられ、ちょっとした騒ぎになっている。

 堀江氏が2010年と11年に出版した小説「拝金」と「成金」がそれ。2冊の表紙絵を描いた漫画家の佐藤秀峰氏(40)が7日付の自身のブログで、〈堀江さんには代筆者がいる〉と暴露したというのだ。

 佐藤氏といえば、「海猿」や「ブラックジャックによろしく」で知られる人気漫画家だが、意外やネット上では〈有名人はみんなそうでしょ?〉とホリエモン擁護派も多い。〈佐藤さん、便乗カッコ悪いよ〉なんて告発を批判する声まである。

「佐藤氏は、ファンにも“ぶっ飛んだ人”と思われていますからね。昨年離婚した時も、自分が不倫相手を妊娠させたのが原因と、ネット上でぶっちゃけて物議を醸しました。ネット住民も冷ややかに見ているんでしょう。それに堀江氏は以前から、自身のビジネス書についてゴーストライターがいることを明かしていた。だから本人も〈何を今さら〉と静観しているんでしょう」(出版業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る