“同類”ゾロゾロ…ゴーストライターはなぜ問題にならない?

公開日: 更新日:

 現代のベートーベンこと、佐村河内守氏のペテン事件で、こんな疑問を感じた人もいるのではないか?
「はて、ゴーストライターを使うタレントや著名人は許されるのか?」

 実はその通りで、「磯野家の相続」の著者で弁護士の長谷川裕雅氏もこう言うのだ。
「自分が買った本が実はゴーストライターの著作であった。だから、金を返せ、という人はいないと思う。文章も作曲も同じです。つまり、佐村河内氏にゴーストがいたとして、法的には何の問題もないし、道徳的にも問題視することは難しい。世の中には著名な料理人が名前だけ貸して、商品化している料理もある。しかし、それがバレたところで、そんなに問題にならないのと一緒です」

 しかし、佐村河内氏の場合、障害者という虚像を売り物にして、商売をした疑いがある。それは購入者を騙したことにならないのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る