• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヘタな芸人より芸達者…栗原類は笑わないコメディアン!?

 そこらへんのお笑い芸人よりずっと才能があるんじゃないか。モデルの栗原類(19)の話。

「昔の喜劇俳優っぽいんですよ。何をやっても本人は絶対に笑わない。26日の『笑っていいとも!』でも、黒スパッツに上半身裸という格好で江頭2:50のモノマネをしてスタジオ中をアッと言わせたのに、本人は<大変勉強になりました>なんて、表情ひとつ変えず、淡々と話していた。そこにお笑いの才能を感じるんです」(放送作家)

 かなり古いが、確かに栗原は“世界の三大喜劇王”バスター・キートンに顔が似てなくもない。キートンも無表情で決して笑わないコメディアンだった。

「番組を盛り上げなきゃいけないひな壇芸人はさておき、最近は笑わせるのが商売なのに、自分がヘラヘラ笑っている芸人が多すぎる。そういうヤツは大成しません。ダウンタウンの松本人志もデビュー当時の漫才で、表情ひとつ変えることはなかった。だから、本当に笑えた。ところが司会業が増え、自分の言ったことに自分でヘラヘラ笑うようになってから、松本は一気につまらなくなったように思います」(在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る