ヘタな芸人より芸達者…栗原類は笑わないコメディアン!?

公開日: 更新日:

 そこらへんのお笑い芸人よりずっと才能があるんじゃないか。モデルの栗原類(19)の話。

「昔の喜劇俳優っぽいんですよ。何をやっても本人は絶対に笑わない。26日の『笑っていいとも!』でも、黒スパッツに上半身裸という格好で江頭2:50のモノマネをしてスタジオ中をアッと言わせたのに、本人は<大変勉強になりました>なんて、表情ひとつ変えず、淡々と話していた。そこにお笑いの才能を感じるんです」(放送作家)

 かなり古いが、確かに栗原は“世界の三大喜劇王”バスター・キートンに顔が似てなくもない。キートンも無表情で決して笑わないコメディアンだった。

「番組を盛り上げなきゃいけないひな壇芸人はさておき、最近は笑わせるのが商売なのに、自分がヘラヘラ笑っている芸人が多すぎる。そういうヤツは大成しません。ダウンタウン松本人志もデビュー当時の漫才で、表情ひとつ変えることはなかった。だから、本当に笑えた。ところが司会業が増え、自分の言ったことに自分でヘラヘラ笑うようになってから、松本は一気につまらなくなったように思います」(在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  4. 4

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  5. 5

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  8. 8

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

もっと見る