日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヘタな芸人より芸達者…栗原類は笑わないコメディアン!?

 そこらへんのお笑い芸人よりずっと才能があるんじゃないか。モデルの栗原類(19)の話。

「昔の喜劇俳優っぽいんですよ。何をやっても本人は絶対に笑わない。26日の『笑っていいとも!』でも、黒スパッツに上半身裸という格好で江頭2:50のモノマネをしてスタジオ中をアッと言わせたのに、本人は<大変勉強になりました>なんて、表情ひとつ変えず、淡々と話していた。そこにお笑いの才能を感じるんです」(放送作家)

 かなり古いが、確かに栗原は“世界の三大喜劇王”バスター・キートンに顔が似てなくもない。キートンも無表情で決して笑わないコメディアンだった。

「番組を盛り上げなきゃいけないひな壇芸人はさておき、最近は笑わせるのが商売なのに、自分がヘラヘラ笑っている芸人が多すぎる。そういうヤツは大成しません。ダウンタウンの松本人志もデビュー当時の漫才で、表情ひとつ変えることはなかった。だから、本当に笑えた。ところが司会業が増え、自分の言ったことに自分でヘラヘラ笑うようになってから、松本は一気につまらなくなったように思います」(在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事