ヘタな芸人より芸達者…栗原類は笑わないコメディアン!?

公開日: 更新日:

 そこらへんのお笑い芸人よりずっと才能があるんじゃないか。モデルの栗原類(19)の話。

「昔の喜劇俳優っぽいんですよ。何をやっても本人は絶対に笑わない。26日の『笑っていいとも!』でも、黒スパッツに上半身裸という格好で江頭2:50のモノマネをしてスタジオ中をアッと言わせたのに、本人は<大変勉強になりました>なんて、表情ひとつ変えず、淡々と話していた。そこにお笑いの才能を感じるんです」(放送作家)

 かなり古いが、確かに栗原は“世界の三大喜劇王”バスター・キートンに顔が似てなくもない。キートンも無表情で決して笑わないコメディアンだった。

「番組を盛り上げなきゃいけないひな壇芸人はさておき、最近は笑わせるのが商売なのに、自分がヘラヘラ笑っている芸人が多すぎる。そういうヤツは大成しません。ダウンタウンの松本人志もデビュー当時の漫才で、表情ひとつ変えることはなかった。だから、本当に笑えた。ところが司会業が増え、自分の言ったことに自分でヘラヘラ笑うようになってから、松本は一気につまらなくなったように思います」(在京キー局スタッフ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  8. 8

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    体づくりに強い拘り 佐々木の“ハードル”に尻込み球団続出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る