日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“クズ”キャラなのに…「ウーマンラッシュ」高評価のなぜ?

 昨年末「THE MANZAI」で優勝、翌日にはテレビ出演のオファーが20本以上、一晩でスターダムにのし上がったのがこのコンビだ。マシンガントークのボケ担当・村本大輔(33)と「もう無理!」が決めぜりふのツッコミ・中川パラダイス(32)のコンビだ。

 結成は08年9月。村本は80年福井県大飯郡出身、県立小浜水産高校中退。吉本興業の養成所・NSC22期生。中川は、81年大阪府大阪市東淀川区出身、府立東豊中高校卒業。NSC23期生。10組以上のコンビ解消を繰り返した村本が、1年後輩の中川に声を掛け、村本の好きな映画「プリティ・ウーマン」と「ラッシュアワー」を合わせて命名した。

 以来、大阪・難波「5upよしもと」で人気を博し、今年4月から拠点を東京に移す。「THE MANZAI」では3年連続決勝進出。秋元康、テリー伊藤、オール巨人から評価され、デビュー間もない頃から島田紳助も可愛がっていた。南海キャンディーズ山里は村本の私生活をネタに「こんなヤツ応援しちゃいけないでしょ」と本気でやっかむほど、彼らの実力に脅威を感じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事