日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

三国連太郎さん納骨めぐり…佐藤浩市と義母に“決定的な溝”

 来週14日は俳優・三国連太郎さん(享年90)の一周忌。時の流れを感じるが、三国さんの長男・佐藤浩市(53)と、三国さんの妻、佐藤にとっては義母のA子さん(64)の間に“溝”が生まれているらしい。

 発売中の女性セブンは「佐藤浩市 非情納骨に義母は再び泣いた!」と報じている。
 ちなみにA子さんは三国さんの4人目の妻で、佐藤の実母は3人目の妻だ。

 A子さんは、81年に三国さんと結婚。公私にわたってサポートし続け、断絶状態だった三国さんと佐藤の和解も試みた。三国さんの最期も佐藤と一緒に看取(みと)り、佐藤のことを「浩市」と呼ぶなど関係も良好だったが、今では疎遠になって「佐藤さん」に。

 発端は「納骨」をめぐる意見の対立だった。

 三国さんは「散骨」を望んでいた。A子さんも遺言通りに散骨を考えていたが、佐藤が「納骨したい」と譲らず。結局、A子さんが折れる格好で先月20日、三国さんの両親が眠る代々の墓がある静岡・松崎に納骨されたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事