日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

私生活もスパイス 杏を成長させた「熱愛報道」と「父との確執」

 もはや「妖怪役(ベラ)がお似合い」なんてイヤミの声は聞こえない。NHK朝ドラ「ごちそうさん」が後半戦に入っても絶好調。番組平均視聴率23%台を連発するなど、すっかり“朝の顔”が定着した杏(27)。

 エキゾチックな顔立ちとノッポな容姿を武器にモデルから女優に転身。「妖怪人間ベム」(11年)の実写版ドラマに出演し、初めてのハマリ役だといわれた。が、それも過去の話。まさにいま、時の女優である。

 3月末に朝ドラが放送終了となるが、間髪入れずに日本テレビ系の池井戸潤原作の4月期ドラマ「花咲舞が黙っていない」(仮題)で主演を張る。大手メガバンクを舞台に行内の内部調査員として事件や不祥事を解決していくという役どころ。「半沢直樹の女版」といわれる作品で、「物議を醸している芦田愛菜チャン主演の『明日ママ』の次ということもあり、春ドラマで一番の話題作ですよ」(テレビウオッチャー)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事