バー閉店&歌手“休業”…父ASKAに振り回された息子と娘

公開日: 更新日:

「大丈夫だよ。元気よ!」。声高にこう言い放ったらしい。「CHAGE and ASKA」の飛鳥涼(56)。発売中の「週刊女性」が、昨年8月に一部週刊誌が報じた「薬物使用疑惑」から8カ月が経つ本人を直撃し、近況を報じている。

 約10年前から薬物依存に陥った生活で、暴力団員との関係も取り沙汰されたのは記憶に新しい。それを否定するためか、「一過性脳虚血症」の疑いによる治療で長期静養生活を送っているASKA。4月号のファンクラブ会報誌では新曲のデモCDが同封されるなど、いよいよ復帰間近のようだが、同誌の直撃には「あれ(薬物報道)には、もうやられたね!」とも。音楽業界を震撼させ、デュオ解散のウワサも流れたが、当のASKAにはすでに過去の出来事のようである。

 だが、振り回された周囲は散々な状況のようで――。
「ASKAの長男は六本木で会員制のバーを経営していましたが、一連の報道以降、ひっそりと店を閉めてしまった。宮崎薫の本名でシンガー・ソングライターとして活動していた長女も休業状態に追い込まれています」(芸能関係者)

 親のまいた種……子供に罪はないのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る