バー閉店&歌手“休業”…父ASKAに振り回された息子と娘

公開日: 更新日:

「大丈夫だよ。元気よ!」。声高にこう言い放ったらしい。「CHAGE and ASKA」の飛鳥涼(56)。発売中の「週刊女性」が、昨年8月に一部週刊誌が報じた「薬物使用疑惑」から8カ月が経つ本人を直撃し、近況を報じている。

 約10年前から薬物依存に陥った生活で、暴力団員との関係も取り沙汰されたのは記憶に新しい。それを否定するためか、「一過性脳虚血症」の疑いによる治療で長期静養生活を送っているASKA。4月号のファンクラブ会報誌では新曲のデモCDが同封されるなど、いよいよ復帰間近のようだが、同誌の直撃には「あれ(薬物報道)には、もうやられたね!」とも。音楽業界を震撼させ、デュオ解散のウワサも流れたが、当のASKAにはすでに過去の出来事のようである。

 だが、振り回された周囲は散々な状況のようで――。
「ASKAの長男は六本木で会員制のバーを経営していましたが、一連の報道以降、ひっそりと店を閉めてしまった。宮崎薫の本名でシンガー・ソングライターとして活動していた長女も休業状態に追い込まれています」(芸能関係者)

 親のまいた種……子供に罪はないのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る