更正は困難か…ASKAに「田代まさしと同じ道」と厳しい声

公開日:  更新日:

覚醒剤は再犯率60%超

 日本の歌謡史上に燦然(さんぜん)ときらめく人気デュオの栄光は地に落ちた。
 覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたCHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明=56)。自宅の書斎からは十数回分の覚醒剤や使用済みの空き袋、合成麻薬MDMAが90錠も見つかったというから薬物常習者であることは疑いようがない。

 昨夏に週刊文春で覚醒剤疑惑が報じられてから9カ月。ファンにとっては最悪の結末だが、ASKAにとっての地獄はこれから始まる。

 芸能リポーターの川内天子氏はこういう。
「アーティストに薬物依存者が多いのは、新曲ができないプレッシャーからの逃避や、音に対する感性が良くなるという錯覚からという話をよく聞きます。まして、大御所クラスやスターになると、間違いを犯しても心を鬼にして叱ってくれたり、身をていして止めてくれる人が少なくなるから歯止めがかからない。ASKAは昨年、『文春』に薬物のことを書かれているにもかかわらず、やめなかった、いや、やめられなかった。私はもう、更生は難しいだろうなと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る