更正は困難か…ASKAに「田代まさしと同じ道」と厳しい声

公開日: 更新日:

覚醒剤は再犯率60%超

 日本の歌謡史上に燦然(さんぜん)ときらめく人気デュオの栄光は地に落ちた。
 覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたCHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明=56)。自宅の書斎からは十数回分の覚醒剤や使用済みの空き袋、合成麻薬MDMAが90錠も見つかったというから薬物常習者であることは疑いようがない。

 昨夏に週刊文春で覚醒剤疑惑が報じられてから9カ月。ファンにとっては最悪の結末だが、ASKAにとっての地獄はこれから始まる。

 芸能リポーターの川内天子氏はこういう。
「アーティストに薬物依存者が多いのは、新曲ができないプレッシャーからの逃避や、音に対する感性が良くなるという錯覚からという話をよく聞きます。まして、大御所クラスやスターになると、間違いを犯しても心を鬼にして叱ってくれたり、身をていして止めてくれる人が少なくなるから歯止めがかからない。ASKAは昨年、『文春』に薬物のことを書かれているにもかかわらず、やめなかった、いや、やめられなかった。私はもう、更生は難しいだろうなと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る