自己投影? 白石美帆が朗読に込める「報われない女性の痛み」

公開日:  更新日:

 朗読劇「猫と裁判」が3日、新宿の「全労済ホール スペース・ゼロ」で初日を迎えた。

 猫だけに愛情を注ぐ女性の猟奇殺人を描いた野村桔梗のミステリー小説「その猫に何が起こったか?」が原作。主演の白石美帆(35)は、「タイトルだけ聞くとファンタジーのようですが、胸を切り裂かれるほどの痛みがあって、セリフを言うのがつらくなるほど」と告白した。セットも衣装も動きもない。声と言葉だけで孤独を抱えた女性を演じる。女優としてのポテンシャルが問われる役だ。

 6年前に女性誌で熱愛が報じられたこともあったが、当時無名の舞台俳優に過ぎなかった同棲相手の長谷川博己(37)は、鈴木京香(46)との結婚が間近と伝えられている。一方の白石は、映画やドラマで脇を固める日々。脚光を浴びることは少なくなってきた。報われない女性の痛みは、身を持って知っているだろう。

 共演は大和田獏、徳山秀典など。一皮むけた白石が見られるのは、8日まで。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る