映画で役所広司と共演 伝説プロデューサー康芳夫氏に聞く

公開日:  更新日:

「僕の役は広域暴力団の組長」

「最初、出演オファーを受けた時は冷やかしかと思ったら、相手は本気で驚いたね」

 こう語るのはプロデューサーの康芳夫氏だ。かつて、猪木対アリ戦、ネッシー探検隊、オリバー君来日などを仕掛け、日本中を熱狂させた伝説のプロデューサーが、このたび齢(よわい)77にして銀幕デビューを果たした。しかも、作品は映画「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「告白」などを手掛けた鬼才、中島哲也監督の最新作「渇き。」(6月27日公開 TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー)。主演は役所広司と小松菜奈である。

「僕の役は広域暴力団の組長で、小松君はその愛人。最後はブッ殺されるんだけどね(笑い)。出演シーンはそんなに多くないけど、日活スタジオでの撮影やロケは初めての経験だし、とても楽しかったよ。撮影終了後は皆で拍手してくれ、花束まで頂いてね。面白い体験でした。共演した役所君もオダギリジョー君もとても感じがよかった。小松君はまだ高校生だというのに物おじしないし、非常に可能性を感じる女優です。僕は“新人”だけど、もちろん、しかるべきギャラは頂きましたよ。額は言えないけどね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る