日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画大苦戦 北川景子の「悪夢ちゃん」が“正夢”になる恐れ

 12年に日本テレビ系で放送された連ドラを映画化した北川景子主演の「悪夢ちゃん The 夢ovie」が観客動員に苦戦中だ。

 同局をあげて大々的に宣伝し、全国271スクリーンと大規模上映されているが、初週の動員は13万人弱で興収は約1億5000万円。ランキングも初登場7位とふるわず、公開直後にもかかわらず、一般ユーザーのツイッター上には、「悪夢ちゃん、ガラガラで貸切状態」などと書き込まれるほどの不入りだという。

「この数字だと最終的には7億に届くかどうか。ドラマの平均視聴率は11.5%と平凡だったが、北川の代表作にしようと事務所のプッシュで映画化が決定。同作には脱税問題を抱えていたGACKTが出演しているため、お蔵入りになる可能性もあったが、GACKTが“無罪”となり、なんとか上映にこぎ着けましたが、厳しい数字です」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事