• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画大苦戦 北川景子の「悪夢ちゃん」が“正夢”になる恐れ

 12年に日本テレビ系で放送された連ドラを映画化した北川景子主演の「悪夢ちゃん The 夢ovie」が観客動員に苦戦中だ。

 同局をあげて大々的に宣伝し、全国271スクリーンと大規模上映されているが、初週の動員は13万人弱で興収は約1億5000万円。ランキングも初登場7位とふるわず、公開直後にもかかわらず、一般ユーザーのツイッター上には、「悪夢ちゃん、ガラガラで貸切状態」などと書き込まれるほどの不入りだという。

「この数字だと最終的には7億に届くかどうか。ドラマの平均視聴率は11.5%と平凡だったが、北川の代表作にしようと事務所のプッシュで映画化が決定。同作には脱税問題を抱えていたGACKTが出演しているため、お蔵入りになる可能性もあったが、GACKTが“無罪”となり、なんとか上映にこぎ着けましたが、厳しい数字です」(映画関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る