C・ディアス主演映画「中止」にささやかれる“大人の事情”

公開日:  更新日:

ハリウッド女優は冬の時代

 日程まで決まっていたのに、突然、公開中止の発表――。日本での公開を8月22日に予定していたキャメロン・ディアス(41)主演の映画「SEXテープ」。今月に入って日本用のポスター画像も発表となり、PR露出が増えていた矢先、マスコミ向けに「公開中止のお知らせ」がアナウンスされたのである。

 なぜ、見送りとなったのか。配給会社のソニー・ピクチャーズエンタテインメントに問い合わせてみると「米国本社の判断」(担当者)というだけで、いまいちハッキリしない。前評判が高かった作品だけに、余計に悔やまれるのだ。

 結婚10年目、子育てに追われて夜の営みがご無沙汰な夫婦を取り巻くドタバタ・エロコメディー。セックスレスに悩むキャメロンと夫役のジェイソン・シーゲル(34)は、ハウツー本「ジョイ・オブ・セックス」を参考に、あらゆる体位で3時間のマラソンセックスに挑む様子を撮影する。ところが、その映像がネット上に流出して大騒ぎに……と、ホットな社会問題を取り上げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る