C・ディアス主演映画「中止」にささやかれる“大人の事情”

公開日:  更新日:

ハリウッド女優は冬の時代

 日程まで決まっていたのに、突然、公開中止の発表――。日本での公開を8月22日に予定していたキャメロン・ディアス(41)主演の映画「SEXテープ」。今月に入って日本用のポスター画像も発表となり、PR露出が増えていた矢先、マスコミ向けに「公開中止のお知らせ」がアナウンスされたのである。

 なぜ、見送りとなったのか。配給会社のソニー・ピクチャーズエンタテインメントに問い合わせてみると「米国本社の判断」(担当者)というだけで、いまいちハッキリしない。前評判が高かった作品だけに、余計に悔やまれるのだ。

 結婚10年目、子育てに追われて夜の営みがご無沙汰な夫婦を取り巻くドタバタ・エロコメディー。セックスレスに悩むキャメロンと夫役のジェイソン・シーゲル(34)は、ハウツー本「ジョイ・オブ・セックス」を参考に、あらゆる体位で3時間のマラソンセックスに挑む様子を撮影する。ところが、その映像がネット上に流出して大騒ぎに……と、ホットな社会問題を取り上げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る