「赤提灯見るとDNA騒ぐ」 “居酒屋探偵”日野美歌の酒人生

公開日:  更新日:

「氷雨」「男と女のラブゲーム」「お酒ください」…。日野美歌さん(51)のヒット曲にはお酒にまつわる歌詞が多い。本人自ら「居酒屋探偵団団長」を名乗るほどのお酒好きだ。

 お酒の原点というと、オジイちゃんですね。実家は鎌倉なんですが、両親が共働きだったものですから小学校5年まで5歳年下の弟と2人、横浜市鶴見区生麦の母方の祖父母の家に預けられていました。
 オジイちゃんは亭主関白で、夕方になると自分専用の部屋に陣取ってNHKのニュース番組とか見ながら晩酌をするんです。そんな時のオジイちゃんは、本当においしそうにお酒を飲むんですよ。幼心に、お酒ってよほどおいしいんだな……って思い、その頃からお酒の席には抵抗がなくなりましたね。

 初めてアルコールを“摂取”したのは、小学3年生です。母が留守の時に、弟と一緒に自家製梅酒の梅を食べたんです。それがまた口に合うものですから、2人揃ってついつい食べ過ぎちゃった(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る