• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ビールはチェイサー」「1軒15杯以上」 堂珍嘉邦の酒人生

 01年3月、男性デュオ、ケミストリーとしてデビュー。現在ソロとして活動する傍ら、17日公開の映画「醒めながら見る夢」で初主演する。クールな印象とは異なり、かなりの酒豪で朝まで飲み明かす体力派なのだとか。

 うちは両親とも酒が弱くて…。父は1杯飲むと寝ちゃうタイプで、母もすぐ真っ赤になる下戸。ただ、親戚は酒に強い人がいて、親戚が集まったときに飲む酒が妙に楽しそうに感じていましたね。そんな環境のせいなのか、僕は酒に関しては両親より親戚寄りの血が濃いようで。

 酒の始まりは好奇心。お歳暮で家に届いたヘネシーをくすねて同級生と飲んだり、悪ガキの度胸試しみたいな。どの酒をどの程度飲むと、体がどうなるのかが分からないから、とにかく限界に挑戦するチキンレースでしたね。ビールを2リットル飲んで吐いてみたり……。懐かしいな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る