• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ビールはチェイサー」「1軒15杯以上」 堂珍嘉邦の酒人生

 01年3月、男性デュオ、ケミストリーとしてデビュー。現在ソロとして活動する傍ら、17日公開の映画「醒めながら見る夢」で初主演する。クールな印象とは異なり、かなりの酒豪で朝まで飲み明かす体力派なのだとか。

 うちは両親とも酒が弱くて…。父は1杯飲むと寝ちゃうタイプで、母もすぐ真っ赤になる下戸。ただ、親戚は酒に強い人がいて、親戚が集まったときに飲む酒が妙に楽しそうに感じていましたね。そんな環境のせいなのか、僕は酒に関しては両親より親戚寄りの血が濃いようで。

 酒の始まりは好奇心。お歳暮で家に届いたヘネシーをくすねて同級生と飲んだり、悪ガキの度胸試しみたいな。どの酒をどの程度飲むと、体がどうなるのかが分からないから、とにかく限界に挑戦するチキンレースでしたね。ビールを2リットル飲んで吐いてみたり……。懐かしいな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る