有吉は戦々恐々…ヒロミが「毒舌」復帰でレギュラー半減危機

公開日:  更新日:

「テレビで姿を見ない日はない」といわれた売れっ子芸人の有吉弘行がピンチに見舞われているともっぱら。最近、芸能界にカムバックしたヒロミにポジションを奪われるという話が広まりつつあるのだ。

 有吉といえば現在「有吉反省会」(日本テレビ系)、「有吉ジャポン」(TBS系)など計12本のレギュラー番組を抱えていることで知られているが……。

「来年3月までに今のレギュラーが半減する可能性も出てきました。有吉本人も、そのへんは十分に意識しているらしく、有吉の前で“ヒロミ”の名前を出すことは絶対タブーとなっています」(芸能プロ関係者)

 テレビマンが先を争うようにして有吉からヒロミに乗り換える理由もあるという。とにかくテレビに出すぎて視聴者に飽きられている。そんな中で登場したのが同じ毒舌キャラのヒロミ。毒のスパイスが圧倒的に効いている上に、有吉以上に経験豊富。しかも、話芸はヒロミの方が一枚も二枚も上手と評判とか。有吉は心中穏やかではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る