有吉は戦々恐々…ヒロミが「毒舌」復帰でレギュラー半減危機

公開日:  更新日:

「テレビで姿を見ない日はない」といわれた売れっ子芸人の有吉弘行がピンチに見舞われているともっぱら。最近、芸能界にカムバックしたヒロミにポジションを奪われるという話が広まりつつあるのだ。

 有吉といえば現在「有吉反省会」(日本テレビ系)、「有吉ジャポン」(TBS系)など計12本のレギュラー番組を抱えていることで知られているが……。

「来年3月までに今のレギュラーが半減する可能性も出てきました。有吉本人も、そのへんは十分に意識しているらしく、有吉の前で“ヒロミ”の名前を出すことは絶対タブーとなっています」(芸能プロ関係者)

 テレビマンが先を争うようにして有吉からヒロミに乗り換える理由もあるという。とにかくテレビに出すぎて視聴者に飽きられている。そんな中で登場したのが同じ毒舌キャラのヒロミ。毒のスパイスが圧倒的に効いている上に、有吉以上に経験豊富。しかも、話芸はヒロミの方が一枚も二枚も上手と評判とか。有吉は心中穏やかではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る