ロートル司会者はびこり…“ポストみのもんた”ヒロミ急浮上

公開日: 更新日:

 テレビ界ではみのもんた(69)の“後釜”探しが本格化。
 そんな中、なぜかヒロミ(48)の名前が急浮上しているという。どういうワケか――。

 某民放プロデューサーがこういう。
「実は今、みのが降板必至の『朝ズバッ!』だけでなく、情報番組やワイドショーは深刻な司会者不足に頭を悩ませている。みのや小倉智昭のようなロートルか無難な局アナばかりで、宮根誠司のような“アク”の強い人材が払底しているのです。宮根はすでに帯番組を担当しているので新規はもうムリ。そこで浮上するのが話慣れていて、かつ、自分の主張や持ち味を番組に反映できる芸人出身の司会者です」

 ビートたけしは別格にして、たしかに日本テレビ「スッキリ!!」の加藤浩次、「ヒルナンデス!」の南原清隆、TBS「ひるおび!」の恵俊彰など帯の情報番組やワイドショーを担当し、成功させている芸人司会者は多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る