カーヴィー樫木裕実 ヒロミと決別後の気になる“金銭勘定”

公開日: 更新日:

 20日に開かれたムック本「樫木裕実カーヴィーボディ 効きやせ!」の発売記念サイン会。自身が考案したエクササイズ「カーヴィーダンス」で一躍有名になった樫木裕実(51)はカメラマンのリクエストに応え、ひたすら笑顔でポージングしていた。

 カリスマトレーナーとして神田うのら芸能人の間でも引っ張りだこだが、最近は独立時の金銭トラブルやスタジオ閉鎖が報じられるなど、踏んだり蹴ったり。この日の会見は“汚名返上”とばかりに、予定時刻を10分以上オーバーしても冗舌に話し続けた。

「私の本の読者さんは忙しい方が多い。実際にスタジオでレッスンを受けられなくても、楽しく無理なく体をつくってほしいんです!」

 タレントのヒロミ(49)が経営するジムから12年春に独立。これまで樫木を巡る一連の報道について沈黙し続けていたヒロミだったが、つい先月、週刊誌上で「一般会員そっちのけで、自身の宣伝になる芸能人相手にしかレッスンしなかった」という当時の実態を暴露。カリスマトレーナーがいくら熱心に新刊への思いを語っても、どこか言い訳に聞こえてしまうのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る