カーヴィー樫木裕実 ヒロミと決別後の気になる“金銭勘定”

公開日:  更新日:

 20日に開かれたムック本「樫木裕実カーヴィーボディ 効きやせ!」の発売記念サイン会。自身が考案したエクササイズ「カーヴィーダンス」で一躍有名になった樫木裕実(51)はカメラマンのリクエストに応え、ひたすら笑顔でポージングしていた。

 カリスマトレーナーとして神田うのら芸能人の間でも引っ張りだこだが、最近は独立時の金銭トラブルやスタジオ閉鎖が報じられるなど、踏んだり蹴ったり。この日の会見は“汚名返上”とばかりに、予定時刻を10分以上オーバーしても冗舌に話し続けた。

「私の本の読者さんは忙しい方が多い。実際にスタジオでレッスンを受けられなくても、楽しく無理なく体をつくってほしいんです!」

 タレントのヒロミ(49)が経営するジムから12年春に独立。これまで樫木を巡る一連の報道について沈黙し続けていたヒロミだったが、つい先月、週刊誌上で「一般会員そっちのけで、自身の宣伝になる芸能人相手にしかレッスンしなかった」という当時の実態を暴露。カリスマトレーナーがいくら熱心に新刊への思いを語っても、どこか言い訳に聞こえてしまうのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る