• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

カーヴィー樫木裕実 ヒロミと決別後の気になる“金銭勘定”

 20日に開かれたムック本「樫木裕実カーヴィーボディ 効きやせ!」の発売記念サイン会。自身が考案したエクササイズ「カーヴィーダンス」で一躍有名になった樫木裕実(51)はカメラマンのリクエストに応え、ひたすら笑顔でポージングしていた。

 カリスマトレーナーとして神田うのら芸能人の間でも引っ張りだこだが、最近は独立時の金銭トラブルやスタジオ閉鎖が報じられるなど、踏んだり蹴ったり。この日の会見は“汚名返上”とばかりに、予定時刻を10分以上オーバーしても冗舌に話し続けた。

「私の本の読者さんは忙しい方が多い。実際にスタジオでレッスンを受けられなくても、楽しく無理なく体をつくってほしいんです!」

 タレントのヒロミ(49)が経営するジムから12年春に独立。これまで樫木を巡る一連の報道について沈黙し続けていたヒロミだったが、つい先月、週刊誌上で「一般会員そっちのけで、自身の宣伝になる芸能人相手にしかレッスンしなかった」という当時の実態を暴露。カリスマトレーナーがいくら熱心に新刊への思いを語っても、どこか言い訳に聞こえてしまうのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る