日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

嵐と壇蜜、神田うのと紗栄子も…独占入手「共演NGリスト」

 テレビ業界に出回る「共演NG」リスト――。日刊ゲンダイ本紙が入手したものには、キャラがかぶっているがゆえに共演NGとされている組み合わせもあった。

 わかりやすいのはハーフ・キャラだ。「1つの番組にハーフは1人が原則。事務所同士も共演を避けたがる」(マスコミ関係者)のが理由。

 ベッキー、トリンドル玲奈、SHELLYはいずれも父親が白人の外国人で、それぞれイギリス人、オーストリア人、イタリア系アメリカ人。

 例外はベッキーとローラ。ローラは父母とも外国人の血が流れていて最初は不仲だったが、たまたま共演して和気あいあいだったことから解除に。

 また、ローラと水沢アリーの場合、どちらも家族が外国人というだけではなく、水沢が「ローラそっくり」といわれているから共演はダメ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事