ライバル心むき出し テレビ界に出回る「共演NGリスト」

公開日:  更新日:

 芸能界のタブーのひとつは「共演NG」。テレビ業界にそのリストが出回っているが、本紙が入手した一部を公開。

 共演NGがもっとも多いのは仕事絡み。「ドラマや映画で共演してぶつかり、どちらかが毛嫌いするようになったり、どちらかの所属事務所が共演を断るケース」(民放編成関係者)である。

 まず、吉高由里子と柴咲コウは福山雅治の主演ドラマ「ガリレオ」が原因だ。柴咲はシーズン1に出演したが、シーズン2では降板し、福山と同じ事務所の吉高に取って代わられたのがキッカケ。

 同様にドラマ絡みでは長澤まさみと上野樹里が「ラスト・フレンズ」、新垣結衣と戸田恵梨香は「コード・ブルー」。戸田は松田翔太とも折り合いが悪く、「ライアーゲーム」で共演して不仲説が流れた。

 大河ドラマ絡みでは宮崎あおいと堀北真希は「篤姫」、松田聖子と檀れいは「平清盛」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る