菅原文太さんが残した“遺言” 「日本はいま危うい局面にある」

公開日: 更新日:

 この認識は正しいとはいえません。知り合いの学者に聞いた話ですが、いまの憲法は、日本人が作成した草案を参考にして作られたそうです。社会統計学者で社会運動家だった高野岩三郎や法学者の鈴木安蔵らの「憲法研究会」が、敗戦の年に発表した「憲法草案綱領」がそれです。

 この草案には「主権在民」や「基本的人権」という民主的な概念が盛り込まれていました。GHQのある将校は非常に優れた憲法草案だと高く評価し、新憲法作成の下敷きにしました。

 いま大切なのは、われわれ国民が政府のデマゴギーにそそのかされず、自分で考えることでしょう。書物や新聞を読み、多くの人の話を聞いて、平和を維持するために自分は何をするべきかを模索する。熟慮の末に真実を知れば、戦後ひとりの戦死者も出していない憲法9条がいかに素晴らしいものであるかが分かるはずです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  6. 6

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  7. 7

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  8. 8

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る