宮崎靖男が暴露 鈴木則文監督と菅原文太の「大ゲンカ」

公開日: 更新日:

 5月15日、東映の名物監督だった鈴木則文さんが亡くなった。ヤクザ、エロ、お笑いと何でもござれの娯楽映画作りの職人だったが、星桃次郎(菅原文太)と“やもめのジョナサン”こと松下金造(愛川欽也)がドタバタを繰り広げる「トラック野郎」シリーズは鈴木監督の代表作だ。その10作すべての配車とアドバイザリーを担当。自らも出演した宮崎靖男さん(70)は今どうしているのか。

「鈴木監督と会ったのは『トラック野郎』のロケが始まる直前だから、75年の7月初旬だね。横浜の東神奈川にあるワタシが行きつけのトラックショップに挨拶に来たんだ」

 町田市内の喫茶店で会った宮崎さん、まずはこういった。鈴木監督はなぜ、宮崎さんを訪れたのか?

「あのシリーズは、同じ年の6月末にNHKの朝のニュースで放送された『走る街道美学』って特集がきっかけだった。それを見た(愛川)欽也さんが親しくしてた(菅原)文太さんに企画を持ちかけ、2人して東映の岡田茂社長に直談判してね。それでゴーサインが出たんだけど、その特集を作るのにワタシが協力したのを監督がどこかで知ったんだね。それで挨拶に来たわけ。でも、あんなに大ヒットするなんて、だ~れも思ってなかった。だから、文太さんがハンドルを握った大型トラックの一番星号は、青森の運送会社が持ってたオンボロを使い潰すつもりで東映が買い取ったんだよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る