TVが続々オファー 小保方さん“第2の小倉優子”になる日

公開日: 更新日:

「自らを『こりん星から、イチゴの馬車でやって来たリンゴももか姫』と名乗っていた小倉優子のように、妄想系タレントとしての才能、ポジションがありますよ。あるのかないのか分からない世界を信じ込み、どうみても立証できない状況に追い込まれてなお、<STAP細胞はあります!>と公の席で断言してしまうキャラはテレビ向き。独自の世界観を貫き、確信犯的な言動を続ければ、おじさんや気弱な男子、自立しない女子をはじめ固定ファンがつくと思う。市川海老蔵が西麻布暴行事件での謹慎後、再始動した際のCMギャラが1500万円。小保方さんが割烹着といったトレードマークを定着させ、タレントとして認知されれば、CM1500万円だってあり得る」

 ちなみに小倉優子は1000万円だとか。

 また出版社から、騒動に関して出版話が来ているとの情報もある。「今回の騒動で、自殺者が出てしまっていることがネック」という声もあるが、現時点で小保方さんに違法行為が確認されているわけじゃない。未来は誰にも分からない、か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さんはなぜ嫌われる?上からも下からも批判の大合唱

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

  9. 9

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る