• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに干された? 安室奈美恵「独立騒動」の大きすぎた代償

投稿日:  更新日:

 渦中の歌姫は、すこぶる不安な年越しになりそうだ。今年8月に所属事務所の独立騒動が発覚した安室奈美恵(37)。発売中の「女性自身」最新号によると大きな進展がないまま、独立を申し出てから7カ月が経った現在は冷戦期に突入。もっか全国ツアーの追加公演中だが、騒動のあおりを受け、年の瀬を迎えても来年の仕事の予定がスッカラカンな事態に見舞われているという。

 古巣の事務所に対し、安室側が“奴隷契約”とイチャモンをつけ、待遇改善や原盤権の譲渡を迫ったのがコトの発端であった。だが、彼女の訴えに同調する声は聞こえてこない。

「92年のデビュー以来、安室は歌手としては破格のギャラをもらってきた。毎月の給料に加えて、コンサートのグッズの売り上げは事務所とフィフティー・フィフティー契約なんて業界では考えられない好条件ですからね。それを背後にいる男にそそのかされて、恩をあだで返してしまった。事務所社長の堪忍袋の緒が切れるのも当然でしょう」(音楽関係者)

 自業自得だが、騒動を引き起こした代償はあまりにも大き過ぎた。来年、安室は消えることになるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る