例年とは一変…安室奈美恵の全国ツアー“PR不足”の裏事情

公開日: 更新日:

 8月に週刊誌上で所属事務所と独立をめぐって揉めていることが報じられた歌手の安室奈美恵(37)。現在、12月23日の東京・国立代々木競技場第1体育館でファイナルを迎える全国ツアーの真っ最中だが、周囲の空気は例年とガラリと変わってしまったようだ。

「コンサートツアーは毎年恒例で、ツアーの初日とファイナルに所属レコード会社がマスコミ各社に呼び込みをかけてPRするはずだが、今年はまったく、そんな気配はない。それどころか、沢尻エリカ主演のドラマ『ファースト・クラス』の主題歌を歌っているにもかかわらず、その曲のPRもほとんど行われませんでした」(音楽関係者)

 そうなってしまったのも、やはり独立問題が尾を引いているというから穏やかではない。

「安室に独立をそそのかしたといわれているのが、安室と同じマンションの別フロアに住むコンサートの企画会社社長。ところが、その社長は『文春』の記事が出るや、即座に安室の事務所に謝罪し、自分に不都合な記事を書いたメディアに内容証明を送るなど“火消し”に躍起になった。安室本人も8月末に事務所に謝罪の手紙を送ったが、『文春』によって明らかになった事務所に対する待遇改善の要求を撤回する気はなく、いまだに事務所とは冷戦状態です」(芸能プロ関係者)

 実は事務所内で安室の待遇は格別で、「毎月1000万円近い固定給プラス、コンサートのチケットやグッズなどの売り上げは折半という破格の内容」(事情通)だという。

 一刻も早く目を覚ませばいいが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  7. 7

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  8. 8

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  9. 9

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  10. 10

    デビュー45周年で人気再燃 岡田奈々「永遠の清純派」伝説

もっと見る