例年とは一変…安室奈美恵の全国ツアー“PR不足”の裏事情

公開日:  更新日:

 8月に週刊誌上で所属事務所と独立をめぐって揉めていることが報じられた歌手の安室奈美恵(37)。現在、12月23日の東京・国立代々木競技場第1体育館でファイナルを迎える全国ツアーの真っ最中だが、周囲の空気は例年とガラリと変わってしまったようだ。

「コンサートツアーは毎年恒例で、ツアーの初日とファイナルに所属レコード会社がマスコミ各社に呼び込みをかけてPRするはずだが、今年はまったく、そんな気配はない。それどころか、沢尻エリカ主演のドラマ『ファースト・クラス』の主題歌を歌っているにもかかわらず、その曲のPRもほとんど行われませんでした」(音楽関係者)

 そうなってしまったのも、やはり独立問題が尾を引いているというから穏やかではない。

「安室に独立をそそのかしたといわれているのが、安室と同じマンションの別フロアに住むコンサートの企画会社社長。ところが、その社長は『文春』の記事が出るや、即座に安室の事務所に謝罪し、自分に不都合な記事を書いたメディアに内容証明を送るなど“火消し”に躍起になった。安室本人も8月末に事務所に謝罪の手紙を送ったが、『文春』によって明らかになった事務所に対する待遇改善の要求を撤回する気はなく、いまだに事務所とは冷戦状態です」(芸能プロ関係者)

 実は事務所内で安室の待遇は格別で、「毎月1000万円近い固定給プラス、コンサートのチケットやグッズなどの売り上げは折半という破格の内容」(事情通)だという。

 一刻も早く目を覚ませばいいが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る