日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紅白見納め? 長渕剛のわがまま放題にNHK困惑の舞台裏

 昨年おおみそかのNHK紅白で情感たっぷりに新曲「明日へ続く道」を歌い上げた長渕剛(58)。かつて、紅白では独・ベルリンからの中継で前代未聞の3曲ぶっつづけ歌唱という“事件”を起こしたが、相変わらず、NHKにとっては「鬼門」のような存在だったという。

「出場歌手の曲目発表がかなり遅れたが、その原因は長渕が『新曲を歌わせろ!』と強硬に主張したから。昨年の紅白のテーマは『歌おう。全員参加で』ということもあり、NHKは『とんぼ』など誰もが知っているヒット曲の歌唱を長渕サイドに提案した。ところが、長渕サイドは『新曲を歌わせないと出ない』と譲らず、結局、NHKサイドが押し切られてしまった」(NHK関係者)

 一度、NHKがワガママをのんだこともあり、リハーサルでもやりたい放題だったという。

「当初、長渕のリハは写真撮影がNGなだけで、NHKホール内で見るのはOKだった。ところが、音合わせが始まったと思ったら、NHKのスタッフから退出を命じられた。どうやら、『集中したい』という長渕サイドの意向だったようだが、リハ終了後は取り巻きを10人以上引き連れ、興奮気味にホールの廊下を闊歩するなど、まるで格闘家のようでした」(会場で取材したカメラマン)

 今年8月22日にはビッグイベント「富士山麓オールナイト・ライヴ」が控える長渕。紅白がいくら目玉不足とはいえ、振り回されるのはもう勘弁というのがNHKサイドの本音のはず。当分の間はNHKホール出禁だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事