“大魔神”佐々木主浩 清原に「入れ墨消せ!」と一喝していた

公開日: 更新日:

 12月2日、“番長”が久しぶりに公の場に現れた。3月に週刊誌で薬物疑惑が報じられ、9月に離婚を発表。テレビからも姿を消していた清原和博(47)が、横浜(現DeNA)や米大リーグで活躍し、今年1月に野球殿堂入りした大魔神・佐々木主浩氏(46)の祝賀パーティーに駆けつけた。

 同学年の盟友でもあり、「1カ月前にメシを食って『来てくれ』と。野球界で友達なんてできないと思っとった。同志として誇りに思う」と話していた。

 清原が孤立する理由の一つに、ヤクザも顔負けの「入れ墨」がある。08年の引退直後、右ふくらはぎに龍を彫っただけでは飽き足らず、今は左胸から背中に向かっても昇り龍の入れ墨がある。大魔神はこれが我慢ならなかった。出席者の一人が言う。

「佐々木が清原に『入れ墨を全部消して一から出直せよ』と諭すように言っていた。周囲はヒヤヒヤでしたが、そんなことを面と向かって言えるのは佐々木くらい。清原も神妙な面持ちで聞いていました」

 大魔神はパーティー後に清原らを飲みに誘ったという。が、渦中の清原がいると聞くや、理由をつけてやんわりと断る出席者が続出。そんな空気を察知したのか、清原は1時間足らずで会場を後にした。

 落ちぶれた番長の最後の友達は、大魔神ただ一人のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る