自宅はゴミ屋敷の噂も…“激ヤセ”した清原和博に心配の声

公開日: 更新日:

 あの清原和博(47)が久々に表舞台に姿を現した。2日に都内のホテルで開かれた、大魔神佐々木の殿堂入りを祝うパーティーに出席。公の場に出てきたのが2月に巨人のキャンプ地を訪れて以来とあって、スポーツ紙は主役の佐々木以上に大きく扱っていた。

「周囲が驚いたのはその風貌。ピンストライプのスーツにサングラスという相変わらずのこわもてでしたが、でっぷりと突き出していた太鼓腹はへっこみ、頬がこけてアゴのラインもシャープになっていた。本人が糖尿病を患っていることを公表していることもあって、会場では『ようやく節制する気になったんだな。良かった』と安堵の声が漏れていましたが……」

 と、テレビ局関係者がこう続ける。

「今年3月に週刊文春に薬物使用疑惑を書かれ、9月には14年連れ添ったモデルの亜希夫人と離婚が成立。2人の愛息とともに家を出ていかれ、それまで以上に荒れた生活を送るようになったといわれてましたが、それはあまり変わっていない。離婚する前後、すでにその半年前から別居していた彼の広尾の自宅の億ションに呼ばれた球界外の人間に聞いたら、『リビングには脱ぎ捨てたままの衣服が散乱し、足の踏み場がないほど。ゴミ屋敷みたいだった』と言ってましたからね。そんな荒れ果てた自宅に帰る気にならないんでしょう。知人宅や新宿区内の高級ウイークリーマンションなどを転々としながら、飲み歩いているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る