日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原和博 離婚の決定打は「左胸から背中を這う竜の入れ墨」

 16日発売の「女性自身」が「結婚15年目の独占肉声!」と題して書いている、元プロ野球選手の清原和博(47)の別居・離婚報道。度重なる不倫騒動に薬物疑惑と続けば、モデルとして活動する亜希夫人(45)に三くだり半を突きつけられても仕方がないが、球界では以前から「離婚、秒読み」と囁かれていた。

 原因は入れ墨である。清原は08年にオリックスを引退後、右足のふくらはぎに竜を彫った。これに激怒したのが亜希夫人で、親しい関係者に「主人は指導者として野球界に復帰したいと言っている。バックアップしてやってください。足のタトゥーは私が責任を持って絶対に消させます」と涙を浮かべて言ったそうだが、そんな夫人の思いを清原は裏切った。

 今、清原の体には上半身にも彫り物がある。目撃した人間によれば、左胸から背中に向かって竜が這うそれは、タトゥーというより、ヤクザも顔負けの入れ墨そのものだという。今年3月の「週刊文春」の薬物疑惑報道のはるか前に、わずかに残っていた球界復帰の可能性も、夫婦間の信頼関係も、自ら捨て去っていたわけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事