連ドラ初出演の文音が語る「父・長渕剛」と「母・志穂美悦子」

公開日: 更新日:

 ドラマ「SAKURA~事件を聞く女~」(TBS系、月曜20時~)に出演中の文音(26)。仲間由紀恵(35)演じる主人公の妹役で黒革の衣装に身を包み、毎回、華麗なアクションシーンで見せる。1クールの連ドラ初出演とは思えない存在感と本格派の演技。それは、日本のアクション女優第一人者である母・志穂美悦子(59)から受けた“特訓”のたまものだとか。

「週末に実家へ帰るとお母さんから演技指導を受けるんです。2時間半の稽古から帰ってきても、自宅で復習と予習をする。“女版ベストキッド”みたいな生活です。指導いただいているジャパンアクションエンタープライズ(旧JAC)では男性の先生から基礎を学び、母からはヘッピリ腰になりがちな女性特有の癖を指摘してもらったり。お母さんは来年60歳なんですが、体がキレッキレなんです。直接指導してもらえるのは恵まれた環境だなって実感しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る