2度目の「ブルーリボン」 安藤サクラの“特異性”に絶賛の声

公開日: 更新日:

■作品に溶け込みすぎて目立たない

 それでも実力はホンモノ。10年公開の映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」では「ブスでワキガでバカ」という女の子の役を、12年の「かぞくのくに」(1度目のブルーリボン賞受賞作品)では北朝鮮に渡った兄を持つ在日コリアンの妹など、クセのある役を次々とこなした。映画批評家の前田有一氏がこう続ける。

「『愛のむきだし』では怪しい宗教団体の教祖の右腕という役だったし、『家路』では震災後にデリヘル嬢に復帰する母親の役を演じていました。本来、そういう難しい役や色気のある役を普通の女優がやれば浮いてしまうのですが、彼女の場合はあまりにも自然に演じているから、わざわざそこに目がいかない。どの作品にも溶け込みすぎて逆に目立たないのです。与えられた役を忠実に演じられる女優だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る