• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

すっぽんぽんで…篠山紀信ベタ褒め 筧美和子撮影秘話

 宮沢りえの「Santa Fe」(1991年)以降、写真集はこぞってヘアヌードを取り入れた。火付け役は写真家の篠山紀信氏(73)。久しぶりに手がけた写真集「ヴィーナス誕生」(幻冬舎)は先月、発売と同時に大きな注目を集めた。被写体は筧美和子(20)。まだ無名のアイドルにどんな思いでカメラを向けたのか。篠山氏と共に“女性の素顔”に迫ってきたアイドル評論家の中森明夫氏が聞いた。

■グラビア写真界に物申す!

中森明夫(以下中森) かつて、写真家・篠山紀信はヘアヌード文化の大塩平八郎とも呼ばれました(笑い)。アイドル写真集に一時代を築いた巨匠の今作は、また新たな領域を築いていた。物凄く新鮮でした。

篠山紀信(以下篠山) アイドルの撮影には約束事があるでしょ。乳首、ヘア、お尻の割れ目の露出はNGの三大タブー。普通のタレントはニップレスや前張り、ちっちゃなパンツをはいたりする。でも、このコは見事にすっぽんぽんで来た。バスルームってものは本来、すっぽんぽんで入るもの。撮影現場でもできるかできないかで、人間性やタレントとしての素質が分かる。彼女は初対面の時から堂々としていた。キラキラしてても、チャラチャラしてなかったんですよ。僕のところには、そういう人だけ来て欲しいよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る