3D映像で記録 異色の「3・11ドキュメンタリー」が公開

公開日:  更新日:

 東日本大震災を取り扱った番組や作品は1000を超えるが、3D映像で記録した映画は初めて。震災直後から3年半、東北の被災地を定点観測してきたドキュメンタリー「大津波 3・11未来への記憶」の東京上映が21日、ヒューマントラストシネマ渋谷で始まった。

 監督の河邑厚徳氏はこう言う。

「大震災から4年を経て何を伝えるのか。これだけ時が経過しないと描けないテーマがありました。被災地の直近を取り上げ、3.11間近の“年中行事”のようなドキュメンタリーではなく、定点観測したからこそ見えてくるものがある。20年、30年……1000年単位で3.11をどのように後世に伝えていくか。大震災を経験したすべての日本人が共有する“根っこの作品”を目指しました。皆が前進していくための希望であり、ともしびにならないと意味がないと考え、反芻し、ようやくできた一本です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る