日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米で社会現象に 映画「アメリカン・スナイパー」が描いた戦争

 今週末に日本公開されるクリント・イーストウッド監督最新作「アメリカン・スナイパー」(14年、米)が大ブームの予感だ。アカデミー作品賞、主演男優賞ほか計6部門にノミネートされた質の高さもさることながら、すでに本国では興収300億円を悠々突破。戦争映画としては類を見ない大ヒットとなっている。

 150人以上の戦績を誇る米海軍の伝説的狙撃手クリス・カイルの回顧録を基にした戦争ドラマ。03年のイラク戦争以降、妻子が待つ自宅と最前線を4度往復した彼の壮絶なる戦場体験が、容赦ない緊張感で描かれている。

 物語は、人並み外れた強さと愛国心を持つクリスが、「か弱き羊を守る牧羊犬たれ」との父親の教え通りに海軍に志願する展開。だが鬼神のごときこの男でさえ、必要とあらば女子供をも撃ち殺さねばならぬ戦場の理不尽に、徐々に心を削り取られてゆく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事