震災で公開延期になっていた…中国映画「唐山大地震」の中身

公開日:  更新日:

 東日本大震災発生から4年。当時は多くの映画が公開延期されたが、そのひとつ「唐山大地震」(10年、中国)が4年ぶりに公開となる。

 76年に中国で実際に起きた唐山地震を舞台に、ある被災者一家の32年間を描いたフィクション。ガレキに挟まれた娘と息子。片方しか救えないから一人選べと迫られた母親の、壮絶なトラウマを主軸に据えた感動巨編だ。

 11年3月26日に公開予定だったが、残酷描写が含まれる震災シーンはあまりに生々しく、今見ても延期はやむなしだ。さらに11日の震災当日に試写会が予定されていた九段会館では天井が落ち死者が出るなど、とことん運命に見放された。

 製作費20億円の大作だが、08年の四川大地震における中共政府の不祥事から人民の目をそらすためのプロパガンダ映画だとの声も。人民解放軍を美化した演出はいかにもだが、名匠フォン・シャオガンによる人間賛歌のドラマ作りは号泣必至で、中国では歴代1位の大ヒットを記録した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る