<下>今日1日、クスリをやらずに暮らすこと以外は望まない

公開日:  更新日:

 覚醒剤で失った「信用」と「家族」。それでも息子とは連絡を取り、今も会っているという。「息子はブログとかツイッターは全部チェックしてるから」とうれしそうに話すマーシー。ある日、その「つぶやき」について息子からお灸を据えられたそうで……。

 家族で会ったのは息子くらい。一緒にメシを食って「今までパパは“家族が離れたから”とか何かのせいにして薬に逃げてた。でもダルクで勉強して、原因は己自身だということにやっと気付けたんだ」と言ったら「ダルクってすごいね。僕が思ってることを全部言ってくれた」と。最初に捕まったころは多感な時期だったから「学校に行きたくない」と言ってたけど、周りの友達が「田代、そんなこと気にすんなよ。お父さんはお父さんじゃねえかよ」と言ってくれたと聞いて涙が止まらなかった。オレは息子に「学校は勉強しに行くところじゃねえぞ、友達をつくりに行く場所だからな。いい友達をいっぱいつくれ」と言っていたから、間違った育て方をしてなかったんだと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る