• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<下>今日1日、クスリをやらずに暮らすこと以外は望まない

 覚醒剤で失った「信用」と「家族」。それでも息子とは連絡を取り、今も会っているという。「息子はブログとかツイッターは全部チェックしてるから」とうれしそうに話すマーシー。ある日、その「つぶやき」について息子からお灸を据えられたそうで……。

 家族で会ったのは息子くらい。一緒にメシを食って「今までパパは“家族が離れたから”とか何かのせいにして薬に逃げてた。でもダルクで勉強して、原因は己自身だということにやっと気付けたんだ」と言ったら「ダルクってすごいね。僕が思ってることを全部言ってくれた」と。最初に捕まったころは多感な時期だったから「学校に行きたくない」と言ってたけど、周りの友達が「田代、そんなこと気にすんなよ。お父さんはお父さんじゃねえかよ」と言ってくれたと聞いて涙が止まらなかった。オレは息子に「学校は勉強しに行くところじゃねえぞ、友達をつくりに行く場所だからな。いい友達をいっぱいつくれ」と言っていたから、間違った育て方をしてなかったんだと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る