<下>今日1日、クスリをやらずに暮らすこと以外は望まない

公開日: 更新日:

 覚醒剤で失った「信用」と「家族」。それでも息子とは連絡を取り、今も会っているという。「息子はブログとかツイッターは全部チェックしてるから」とうれしそうに話すマーシー。ある日、その「つぶやき」について息子からお灸を据えられたそうで……。

 家族で会ったのは息子くらい。一緒にメシを食って「今までパパは“家族が離れたから”とか何かのせいにして薬に逃げてた。でもダルクで勉強して、原因は己自身だということにやっと気付けたんだ」と言ったら「ダルクってすごいね。僕が思ってることを全部言ってくれた」と。最初に捕まったころは多感な時期だったから「学校に行きたくない」と言ってたけど、周りの友達が「田代、そんなこと気にすんなよ。お父さんはお父さんじゃねえかよ」と言ってくれたと聞いて涙が止まらなかった。オレは息子に「学校は勉強しに行くところじゃねえぞ、友達をつくりに行く場所だからな。いい友達をいっぱいつくれ」と言っていたから、間違った育て方をしてなかったんだと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る